活用例

iCeyeの活用方法の一例をご紹介

待合室・病棟での啓発活動に

パソコンとモニタをつなげて、病気の情報をループ再生することで、患者様の待ち時間を活用して病気の啓蒙ができます。

診察時の説明に

患者様の患部や症状を、CG上に図示しながら説明ができます。眼球の絵を描く手間が省け、目のしくみを知らない患者様にとっては理解しやすく、お互いの意思疎通を助けます。

検査前・手術前後の説明に

検査の流れ、手術の流れや注意点など、同じ説明を何度も繰り返す手間を省き、患者様の不安を軽減し、診療をスムーズにします。

研究発表・研修・市民講座に

大型モニタを用いて解説動画を見せることで、研究発表、講義、スタッフ研修、市民講座等でご利用頂いております。

配布資料・ポスター作成に

病気を理解してもらう資料、治療内容を伝える資料、検査・手術の流れを説明する資料、研究発表の資料、市民講座等で配布する資料など、多くの場面でご活用いただけます。

病院ホームページ用に

病院のホームページでは、専門的に扱う病気、手術件数の多い病気、近隣の患者様に知ってほしい病気の説明等でご利用いただけます。

  • ※静止画20枚までに限ります。
  • ※別途諸条件があります。

お電話でのお問い合わせ

TEL 042-577-3299

平日10:00-20:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

3営業日以内にご返信致します